専業主婦でも借りれる消費者金融どこがいい?

専業主婦でも借りれる消費者金融どこがいい?

専業主婦でも借りれる消費者金融どこがいい?

専業主婦は自分自身では収入を得ていないので、消費者金融などでお金を借りることが難しいとされています。しかし専業主婦でも借りれる消費者金融はあります。専業主婦と言っても家のことやそれ以外のことで急にお金が必要になったりすることがあります。

 

そこでお金が必要になったら借りることが出来れば、あとのお金が必要なくなった時にゆっくり返済すれば、計画的に借入の利用をすることも出来るのですが、消費者金融である賃金業者からは総量規制のきまりにより専業主婦がお金を借りることが難しくなりました。

 

銀行が提供するカードローンを利用すれば、銀行は総量規制の対象外なので専業主婦でも借りれるようになっています。銀行系で利用出来るカードローンには専業主婦専用の借入枠を設けているところもあり、審査の水準を下げることによって、収入のない専業主婦でも借入の利用が出来るようになりました。

 

銀行系のカードローンの場合は、配偶者の収入証明や同意書などの書類提出などは特に必要なく、申込が簡単に出来ることからばれずにお金を借りることが出来ます。また金利も低めに設定されているので月々の返済についても、負担が大きくなることはありません。

 

消費者金融の融資の場合はどうでしょうか。総量規制により借入が難しくなりますが例外もあります。それが配偶者貸付であり、夫婦の収入の3分の1までの金額までお金が借りれる融資ですが、専業主婦の場合は配偶者の収入があれば、その中から3分の1の金額までのお金を借りることが出来ます。

 

この配偶者貸貸付を利用する場合、申込時には通常の借入の時とは違った提出書類の準備が必要になってきます。借入希望金額によっては配偶者の収入証明が必要になります。また住民票や戸籍抄本、配偶者の同意書が必要になります。配偶者の同意書については、配偶者がお金を借りることに合意すれば良いですが、配偶者に内緒でお金を借りたいとう場合には難しくなります。

 

大手の金融会社の場合は配偶者貸付についても難しいところがあり、やはり契約者本人に安定した収入がないと貸付が出来ないところもあり、そのような規定があります。このことから主婦であってもアルバイトやパートタイマーとして働いている人であれば、借入の申込の審査の際に収入状況が確認出来るので、お金を借りることが出来ます。

 

すべての消費者金融で専業主婦でも借りれることが難しいわけではありません。大手の金融会社以外では中堅・中小消費者金融もあり、審査が厳しくないことから収入のない専業主婦でも借入の利用申込が出来たりします。中堅・中小消費者金融は沢山あり、金利や借入限度額、審査についてや無利息期間があるかどうかなどはそれぞれの金融業者によって違ってきます。自分の条件に合ったところを探すにはインターネットのサイトを見比べながら、お金が借りれそうなところを探すと良いでしょう。

 

消費者金融での借入の申込は店頭の窓口に行ってから手続きが出来るのですが、お店に行くことに抵抗があるのなら電話やインターネットから申込することも可能です。提出書類についても送付の方法は沢山あるので、自分に負担のかからない方法が選べます。インターネットから申し込んだ場合は、書類の提出も画像にして送信するという方法をとることが出来ます。

 

申込手続きをしたら審査が行われて、自宅に確認の電話連絡がくることがあります。確認の電話は相手側は自らの会社名を名乗ることはなく、個人名で電話をかけてきますので他の人にはばれないようにしていますが、それでも家族に知られたくないということなら、電話確認をしないで済む手続き方法もあります。これはカードローンの利用で自宅に郵送物が届かないようにすることも出来ます。

トップへ戻る