住信SBIネット銀行で金利手数料が下がる為の条件

住信SBIネット銀行で金利手数料が下がる為の条件

住信SBIネット銀行で金利手数料が下がる為の条件

金融業者からお金を借りるとなると、もちろん手数料が発生します。

 

たいてい年利というパーセンテージで表現されていて、数字が高くなれば手数料は割高になります。

 

ところで申し込み時に、例えば手数料が18%と設定されたとします。実はその数字は、後で変える事は可能なのです。

 

住信SBIネット銀行によるMr.カードローンも、その1つです。ただしそれにはいくつか条件があります。

 

この銀行の場合は、証券口座というものがありますね。その口座を持っていなくても融資を受ける事はできるのですが、前述の年利の変更に関わってきます。

 

その証券口座を持っていないと、年利を下げる事はできません。

 

逆に口座を持っていれば、マイナス0.5%下げることができます。

 

それとこの銀行で住宅ローンを利用しているか否かも、大きなポイントになります。銀行というのは複数の商品を取り扱っていますが、住信SBIネット銀行では住宅ローンも取り扱っているのですね。

 

そのローン商品の残高がまだ残っているような時には、やはり年利を引き下げることができます。

 

 

かなり珍しいシステムですね。他の金融会社の場合は利用実績などで年利が下がる事が多いですが、この銀行の場合は特定の商品を利用していれば下がる訳です。

即日の借り入れが可能なMr.カードローン

カードローンも利用しようとお考えの方の状況は様々で、人によってはちょっと急いでいる事があります。冠婚葬祭などが発生すれば、やはり急ぎで資金が必要になるものですね。

 

ところで銀行によっては、スピードが非常に早いことがあります。申し込みをしたその日の内に、借りる事ができる商品も中にはあります。具体的にはどの商品かと申しますと、Mr.カードローンです。

 

住信SBIネット銀行が提供している商品になりますが、融資を受けられるまでがとても早いです。この銀行の場合は、申し込みをしたその日の内に借りる事ができます。例えば2月13日に申し込みをした時には、13日中にお金を借りられる訳です。急いでいる方にとっては、メリットが大きなローン商品と言えるでしょう。

 

ただし、それも借り入れ額次第ですね。大きな金額となると、ちょっと日数を要する場合があります。この銀行の場合は、100万円がボーダーラインになります。その金額未満であれば申込日の融資が可能なのですが、それを超える金額となると証明書を提示する必要があります。その処理をするのに少々時間がかかりますので、100万円以上の場合は即日は少々難しいです。

 

しかし他社と比べれば、やはり住信SBIネット銀行は早いですね。

トップへ戻る